技術とは、人の生活を 
豊かにするものである。


経営理念



社是:つながる

社業を通じ、お客様、仕入先、当社全社員との「つながり」を大切にする企業を目指す。

社訓:感謝と共に歩む

お客様から「ありがとう」と言われる仕事を行なうことで社業発展へとつなげる。
全社員の幸福は、会社の発展と共にある。

目標:成功を共有する

全社員で成功体験を共有し、味わい、さら躍進を目指す。

社是の意味

当社は管工事の会社として創業いたしました。そして今も、社業の一翼を担っています。
パイプラインはプラント操業の重要な役割を担っています。
間違えてつなぐと機能不全に陥ってしまうのです。
そこで、正しく「つながる」ことが、いかに大切であるかを念頭に置き、この言葉「つながる」を社是としました。

業 務 内 容



予備発泡機製作

300台の実績

大開工業の予備発泡機は、試行錯誤を重ねた研究の末、1963年に第一号機が完成しました。
以来、今日にいたるまで、予備発泡機のトップメーカーとして歩み続けています。
様々な環境や制約にも、しっかり迅速に対応することが可能なのは、社内一貫で製作をしているから。
それが、大開工業の強みなのです。


各種プラント請負工事

匠の技が支える

様々なパイプがうねるプラント。その施工には、スピードと緻密さが常に要求されます。
大開工業のプラント施工は、熟練の技術者たちの技が現場を支えています。人間の血管のように、ひとつのミス、小さな見落としが命取りとなってしまいます。
各種材料を研磨し、接合し、組み上げる。すべての要素が高いレベルで融合しているからこそ、高い信頼をお客様から得ることができるのです。


予備発泡機とは

大開工業が開発した予備発泡機は、発泡スチロールの原料・EPSビーズを膨張させ、型に送り込む工程を担う機材。
原料をタンクに入れ、蒸気と湿度により圧力をかけ、材料に閉じ込められているメタンガスが瞬時に発泡し、30~70倍に膨張した粒子を型に入れ、蒸気で過熱することで、発泡スチロールが完成する。


予備発泡機の技術図面

大開工業が開発した予備発泡機の<全体立面図>と<配管フロー>を図面にてご覧いただけます。
右クリックすれば、ダウンロードも可能です。

全体立図面 配管フロー

  

会社概要



会社概要

大開工業株式会社
所 在 地 〒553-0007 大阪市福島区大開3-3-12
       TEL 06-6468-4451 FAX 06-6468-4453
代表取締役 常藤 洋
資 本 金 1,800万円  従業員数  30名
業 務 内 容 上下水処理施設、化学会社、製糖会社等のプラント工事請負
      「予備発泡機」設計・製作

1940年5月
大阪市東淀川区に「常藤工業所」として創業
1947年2月
現所在地への社屋工場移転に伴い
「大開工業株式会社」と称号変更し、現在へ至る。

movie



大開、火花の日常

日常のひとコマを切り取ってみました。
研磨し、接合し、組み付け、設置する。
大開工業の仕事は、いつでもオーダーメイド。
迅速に、正確に、技術が信頼を支えます。

主要取引先



主要取引先

イビデン樹脂株式会社
SC有機化学株式会社
株式会社大西コルク工業所
笠原工業株式会社
株式会社カネカ
関西製糖株式会社
堺化学工業株式会社
三甲株式会社
株式会社JSP
JFEエンジニアリング株式会社
積水化成品工業株式会社
ダイソー株式会社
月島機械株式会社
トーホー工業株式会社
日和合精株式会社
日新製糖株式会社
日本カラー工業株式会社
富士酸素株式会社
藤本化学製品株式会社
三井製糖株式会社
三菱化工機株式会社
三菱伸銅株式会社
レジノカラー工業株式会社

(五十音順)










こんな冊子に掲載されました!

弊社の顧問会計事務所である、髙橋秀彰綜合会計士事務所刊行の冊子「SUGOIYAN」に大開工業株式会社が紹介されています。  特設ウェブサイトでもご覧になることができます。

[ SUGOIYAN 特設ウェブサイトへ ]

>>>>>>>